※Impress Watch Uber Eats、徒歩で配達開始。

23区で試験導入 松本海月2021年6月21日 12:27 Uber Eatsは東京23区で、近距離の配達を「徒歩」で行なえる仕組みの試験運用を6月22日から開始する。

これにより、自転車の駐輪や、階段、細い路地などを通行するときの手間が省け、効率的な配達が期待されるという。

海外ではすでにニューヨークや香港など、複数の大都市で徒歩による配達が導入されている。

現在Uber Eatsに登録している配達パートナーは、事前にアプリから「車両を変更」することで、徒歩での配達に切り替えることが可能。

また、新たに登録する場合は、配達方法として「徒歩」のみを選択することで、自転車を持っていなくてもUber Eatsでの配達を始めることができる。

Uber Eatsが費用を拠出する対人・対物賠償責任保険と傷害補償制度は、徒歩による配達の場合でも適用される。

※関連リンク ニュースリリース