湖池屋は、国産米粉を100%使用したスナック菓子「おこめ心地」を全国一般発売した。

ジャガイモの素材感が人気のポテトチップス「じゃがいも心地」の姉妹ブランドとして展開。

新規ブランドとしては、今回初めて“お米スナック”を商品化。

米菓の関与度が上がる40代以上を主なターゲットに想定している。

「おこめ心地」の開発にあたり、最もこだわったのは食感だという。

開発期間は約2年。

「スナック菓子とせんべいの良いところを兼ね備えた新しいスナックを目指し、コメの粒感を感じるザクっとした食感と、ふんわりとしたくちどけ感が合わさったオリジナルの軽い食感に仕上げた」(マーケティング部第2課福永千紗たん)。

国産のあらびき米と細びき米の2種をブレンドすることで、この独自食感を実現している。

一部割愛 全文はリンク先へ