ボクシングのWBA、IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(28)=大橋=が2021年6月19日(日本時間20日)、米ネバダ州ラスベガスでIBF同級1位マイケル・ダスマリナス(28)=フィリピン=と対戦し3回KOで勝利した。

ボディーで3度のダウンを奪い完勝した井上は、WBA王座5度目、IBF王座3度目の防衛に成功。

戦績を21勝(18KO)無敗とし、世界戦16戦連続勝利となった。

今後は目標である世界4団体の王座統一を目指していく。

■金平会長「井上選手がずば抜けていたということに尽きる」  IBFの指名挑戦者を全く寄せ付けなかった。

井上は1ラウンドから圧力をかけ、挑戦者との距離を詰めていった。

この日はパンチのスピード、キレともに申し分なく、2回に左ボディーでダウンを奪うと、続く3回に2度、ボディーでダウンを奪いフィニッシュ。

戦前の大方の予想通り、井上の圧勝で幕を閉じた。

 「モンスター」の圧巻KO防衛。

井上とダスマリナスの間にどれほどの実力差があったのか。

そして今後、井上の前に立ちはだかる「挑戦者」はいるのか。

J-CASTニュース編集部は、協栄ジムの金平桂一郎会長(55)に分析してもらった。

 金平会長は、挑戦者のダスマリナスについて「決して弱い選手ではない。1位の指名挑戦者になるべくしてなった選手です」と前置きし、井上との実力差について次のように言及した。

「想像以上の展開になったと思います。ダスマリナス選手がまるで格下のように見えましたが、これは井上選手がずば抜けていたということに尽きると思います。井上選手は序盤に色々なパンチを試していく中でパンチを効かせていくということが結構あるので、そのような展開になるのかと思ったが、明らかに最初からどのパンチで倒してやろうか、という感じだった。その中でボディーを決めた。格の違いを感じました」 「剛」の選手は井上に勝てない?  ランキング1位の「最強挑戦者」をも軽くひねりつぶし、改めてその実力を世界に知らしめた。

気になる井上の今後の展開だが、標的としている2本のベルトが今夏に統一されることになりそうだ。

 WBC王者ノニト・ドネア(フィリピン)とWBO王者ジョンリル・カシメロ(フィリピン)が、8月14日に王座統一戦を行うことが決定。

当初、カシメロはWBAバンタム級正規王者ギジェルモ・リゴンドー(キューバ)と対戦する予定だったが、同胞であるドネアとの王座統一戦が6月20日に電撃決定した。

 海外では、ドネアVSカシメロ戦の勝者がリゴンドーと対戦する可能性があると報じる専門メディアもあるが、現時点で正式なアナウンスはなく不透明な状況だ。

その一方で、井上は王座統一戦の勝者との対戦を望んでおり、20日に更新したツイッターに「ドネアvsカシメロの勝者と4団体統一戦を希望希望希望!!! 」と投稿し、前のめりな姿勢を見せている。

 井上の今後の対戦候補となるのは、ドネア、カシメロ、リゴンドーの3選手となるが、金平会長はバンタム級で戦う限り、「剛」の選手は井上に勝てないとの見解を示した。

「攻撃主体の『剛』の選手は、井上選手の当てカンやカウンターに捕らえられてしまう。井上選手はボクシングがうまく、引き出しが多い。相手が打ってくるのを待ってますから。ドネアが打ってくるのも待っているだろうし、カシメロに関してはもっと攻撃が荒いですから。ドネアはだいぶ巻き返してきてはいますが、一度対戦していますし、井上選手は2度同じパンチを食わないと思います」 金平氏「待たれてカウンターを打たれるのは嫌なはず」  現在のバンタム級を見回して、金平会長は唯一、リゴンドーが井上の「対抗馬」となりうると指摘した。

 リゴンドーはスーパー王者である井上の「格下」に当たるレギュラー王座を保持するも、井上の狙いはあくまでもWBC、WBOのベルトであり、リゴンドーがWBC、WBOいずれかの王座を獲得しない限り、対戦の可能性は低いとみられる。

このような状況を踏まえた上で、金平会長は次のように言及した。

全文はソース元で