東京五輪・パラリンピック組織委員会、東京都、政府、国際オリンピック委員会(IOC)、国際パラリンピック委員会(IPC)の各代表による5者協議が21日開かれ、五輪の観客数上限を会場の定員50%以内で最大1万人とすることを正式に決定した。

新型コロナウイルス感染対策の政府の大規模イベント制限に準拠した。

五輪に伴う感染拡大の懸念から依然、中止や無観客開催を求める声がある中、一定の制約の下で国内の観客を入れた開催が固まった。

 今後は大会期間中に感染状況が悪化した場合の措置が課題となる。

組織委はチケット販売が上限を超えている場合、再抽選を検討する。