東京五輪・パラリンピック組織委員会、東京都、政府、国際オリンピック委員会(IOC)、国際パラリンピック委員会(IPC)の各代表による5者協議が21日開かれ、五輪の観客数上限を会場の定員50%以内で最大1万人とすることを正式に決定した。