国の天然記念物「ハリモミ純林」内に道路作った疑い 男逮捕 ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を 国の天然記念物に指定されている山中湖村の「山中のハリモミ純林」などの中に 無許可で道路を作ったとして、74歳の男が文化財保護法違反などの疑いで逮捕されました。

逮捕されたのは、山中湖村に住む無職の竹村修容疑者(74)です。

警察によりますと、竹村容疑者は去年7月下旬ごろから8月はじめごろまでの間に、 国の天然記念物に指定されている山中湖村の「山中のハリモミ純林」内に、 無許可でおよそ133平方メートルの道路を作ったうえ、その周囲に広がる 「富士箱根伊豆国立公園」の特別地域内にも、およそ343平方メートルの道路を作ったとして、 文化財保護法や自然公園法違反の疑いが持たれています。

警察によりますと竹村容疑者は、重機で木を伐採しながら道を作っていて、 警察の調べに対して容疑を認めたうえで、 「映像撮影のためにやった」などと供述しているということです。

警察は、ことし1月にハリモミ純林の管理組合からの告発状を受けて捜査を続けていたということです。

06/21 16:09