米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は18日、金融大手クレディ・スイスがソフトバンクグループ(SBG)会長兼社長の孫正義氏個人との融資関係を解消し、SBGとの取引も縮小したと報じた。

SBG傘下の「ビジョン・ファンド」の投資先だった英金融会社グリーンシル・キャピタルが3月に経営破綻し、グリーンシルと提携して運用していたファンドでクレディ・スイスが損失を受けたためという。

孫氏は保有するSBG株を担保に、クレディ・スイスを含む複数の金融機関から融資を受けていた。

金融当局への提出文書によると、2月時点では取引のある金融機関のなかでも最大規模の約30億ドル(約3300億円)分を担保としてクレディ・スイスに差し入れていた。

もっとも、5月時点ではクレディ・スイスへの担保提供がゼロになった。

提出文書によると、孫氏はクレディ・スイスとの取引終了後も、まだ他の銀行から多額の株担保融資を受けている。

クレディ・スイスを巡ってはグリーンシル破綻を受けて、SBGへの訴訟を検討しているとも報じられている。

グリーンシル問題が、孫氏個人との取引にも影響を与えたとみられる。

2021年6月19日 10:16