6月19日(日本時間20日)メキシコ・グアダラハラで元UFC世界ミドル級王者のアンデウソン・シウバ(46=ブラジル)が、 元WBC世界ミドル級王者のフリオ・セサール・チャベス・ジュニア(35=メキシコ)とクルーザー級8Rのボクシングマッチを行い 2-1(77-75×2 シウバ、77-75 チャベス)のスプリット判定でアンデウソンが勝利した。

これまでMMA選手がボクシングに挑戦し、メイウェザーvsUFCコナー・マクレガー、元UFCベン・アスクレンvsジェイク・ポールと MMA側がKO負けしていただけに記念すべき勝利だ。

アンデウソンは06年10月から13年7月までUFCミドル級王座に君臨。

長い四肢から繰り出すムエタイ仕込みの強打を武器に、 16連勝の最多連勝記録を樹立し、全階級を通じてUFC史上最も長く王座に就いた。

昨年11月1日(日本時間)の『UFC FIGHT NIGHT』で ユライア・ホールにTKO負け。

その試合を最後にUFCはアンデウソンとの契約を解除したため、そのまま現役引退と考えていたが、 本人はプロ格闘家の活動を続ける意思を見せていた。

チャベスは11年6月にWBC世界ミドル級王者になるも12年9月に判定負けし4度目の防衛に失敗。

その後ライトヘビー級に階級を上げ、 前戦の昨年11月には4RにKO勝ちを収めている。

1Rは互いに探り合う静かな展開だったが、2Rから圧力をかけるチャベスにアンデウソンがステップを踏み、長いリーチからの 右ストレート、左ボディ、右フックと連打。

チャベスも反撃しアンデウソンをコーナーに詰めパンチを連打するがアンデウソンは 反応が早く、被弾しても浅く、うまくかわしクリーンヒットさせない。

3Rにはアンデウソンが自ら下がってコーナーを背にすると、チャベスは連打。

かわすアンデウソンは「来いよ!」と挑発。

チャベスの パンチを次々見切り会場を盛り上げる。

4Rからアンデウソンのペースに。

ロープに詰めフック、アッパーとヒット。

さらに終盤には右ストレートでチャベスのアゴを大きく上げ バランスを崩させた。

以降もアンデウソンペースで試合が進み、最終の8Rにはチャベスが眉間をカットし出血。

その後、チャベスが反撃のパンチの連打で アンデウソンはロープを背にするも、アッパーを返しチャベスのアゴを上げさせるなど冷静な試合運びだった。

アンデウソンが手数と テクニックで翻弄。

1人がチャベスを支持したのが不思議なくらいだった。

アンデウソンは「私たちはすべてのラウンドで勝利しました。これは私の長年の夢でした。最高のチームがあったからこそできたことです。 私のチームは私の家族です。一緒に頑張ってきました。ここまで来るのに、たくさんのハードワークがありました。絶対にまたやります」と 勝利を喜んだ。

アンデウソンはプロボクシングで1998年と2005年に2戦経験があり、約16年ぶりのボクシング戦となった。