アメリカ・ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンで20日、パンデミック以降初めて、 収容人数の制限なしでコンサートが開催されました。

収容人数が2万人のマディソン・スクエア・ガーデンでは20日、新型ウイルスまん延以降初めて、 収容人数の上限を撤廃してコンサートが行われました。

入場はワクチン接種を完了した人だけに制限され、接種証明の提示が義務づけられました。

会場の外では、ワクチンは危険だと主張する人や、接種した人を優遇する動きに反対する人たちが抗議デモを行いました。

デモ参加者「誰もワクチンの中身を知らないんだ」 コンサートの観客「新型コロナになりたいのか?コロナを楽しむがいいさ」 アメリカ国内では、ワクチンの接種が分断の種として新たな問題となりつつあります。