2019年、東京・池袋で車が暴走し、親子2人が死亡するなどした事故の裁判で、午後1時半すぎから、 遺族が被告に直接問いかける被告人質問が始まりました。

この事故は2019年、豊島区東池袋で車が暴走し、松永真菜さんと娘の莉子ちゃんが死亡するなどしたものです。

車を運転していた旧通産省工業技術院の元院長・飯塚幸三被告が、過失運転致死傷の罪で在宅起訴され、 これまでの裁判で無罪を主張しています。

午後1時半すぎから、遺族が法廷で直接飯塚被告に問いかける被告人質問が始まりました。

真菜さんの夫で、莉子ちゃんの父親である松永拓也さんが、最初の質問で「亡くなった妻と娘の名前を言えますか?」 と質問すると、飯塚被告は「はい。マナさんとリコさんです」と答えました。

続いて、松永さんが「名前を漢字で書くと、どういう字か分かりますか?」と聞くと、飯塚被告は 「真という字に、記憶は定かではないですけど、“菜の花”の菜ではないか。リコさんは難しい字なので、 書いてみることができません。申し訳ありません」と答えました。

21日の裁判では、松永さんのほか、真菜さんの父親なども被告人質問を行う予定です。