2022年サッカーワールドカップ開催地のカタール当局は、 ファンらにコロナ用ワクチン接種を受けるよう要請している。

20日、同国のハリド・ビン・ハリーファ・ビン・アブドゥル・アジズ・アール=サーニー首相が明らかにした。

AP通信によれば、同首相は、カタールはワールドカップの観戦に訪れる人たちが抗体を得るために 新型コロナウイルス用ワクチン100万本の供給について交渉を行っていると発表した。

ハリド首相は、「カタールはウイルス対策のため完全なワクチン接種を受けないままにスタジアムに入ることをファンに許可しない。 私たちの基本的な目的は、国民および住民の健康を守るために、ワクチンの未接種者に接種を受けてもらうことにある」と語った。

ワールドカップは2022年11月21日に開催が予定されている。