作家の乙武洋匡氏(45)が21日、オンラインで行われた「分身ロボットカフェDAWN ver.β」のオープニングセレモニーに出席した。

 難病や重度の障がいなどの理由で自分の体を現場に運ぶことが困難な人々が、分身ロボットを操作することで働く場を提供するというプロジェクトの一環。

18年から4回にわたり期間限定でオープンしていたカフェが、常設店として東京・日本橋に21日グランドオープンを迎えた。

 カフェのアドバイザーを務めた乙武氏は、大学生になった際にテレホンアポインターなどの面接をいくつか受けたが、立て続けに落ちた過去を告白。

「車いすだからか。障がい者って仕事するの難しいんだと、そのとき初めて実感しました」と述懐。

続けて「この社会は、体を自分で動かすことが前提のモノとして成立している」と力説した。

 分身ロボットについて「体を動かすことができない、想定されていない存在になっている人は、暮らすこと、働くことが難しい状態に長らくあったが、そんな状況を変えてくれた」と評価。

「これからの未来、私自身の老後に希望が持てるなと思います」と声を弾ませた。