2位巨人が首位阪神との首位攻防戦を2勝1敗と勝ち越した。

これでゲーム差を6とし、優勝戦線に踏みとどまった。

20日の原辰徳監督(62)は激情的だった。

同点の六回無死一塁から、5回無失点の高橋の打席で代打・香月を送ったが、送りバントを失敗して追い込まれると、あえなく見逃し三振。

すると、ラバーを叩いて激怒。

ベンチを凍りつかせた。

七回には3番手の高梨が2死一、二塁のピンチを招くと、打者・北條をカウント2―2に追い込んだところで投手交代。

代わった鍵谷が1球で三振に打ち取った。

さるチーム関係者がこう言う。

「原監督がベンチ内で派手に怒ることは最近は少なくなっていただけに、それだけ焦りがあるのでしょう。戦力に不満を抱いているのは事実。この日、山口俊が二軍練習に合流したが、これで満足する人ではありません」  ただ、先週17日にスモークが退団した際、「優勝するには補強も大事」とした大塚球団副代表は「ピンチだけど若い選手には大チャンス。慌てて補強してもしょうがない。慌てて取ると二軍の選手の出場機会が奪われるので、そこまで無理はしないけど、常に国内、海外ともにリストアップはしている」と微妙な言い回しで五輪中断期間も含め、慎重に調査を進める方針を示していた。

「山口の出戻り補強に成功したとはいえ、投手はまだ駒が足りない。さらにスモークを失った強打の野手の補強をせかせる可能性もある。大リーグのドジャースで奮闘中も、現在は右ふくらはぎを痛めて負傷者リストに入っている筒香も大塚副代表が言う『リスト』に入っているともっぱらです」(前出の関係者)  原監督は前言撤回もいとわない。

「若い選手はチャンス」なんて言ってしまったフロントは、だから戦々恐々だ。

五輪による中断期間がある今年の補強期限は、例年より1カ月遅い8月末となっている。