山梨県警は21日、国指定天然記念物の林と、国立公園の特別保護地区内に道路を造ったとして、 文化財保護法と自然公園保護法違反の疑いで、同県山中湖村の無職竹村修容疑者(74)を逮捕した。

県警によると、容疑を認め「映画やドラマの撮影クルーを案内するためだった」と話している。

特別保護された森林の破壊行為での逮捕は全国初という。

逮捕容疑は、昨年7月下旬ごろから8月上旬、富士箱根伊豆国立公園にある国の天然記念物 「山中のハリモミ純林」(山中湖村)と、公園内の特別保護区域にまたがる全長約180mの道路を造った疑い。

1月に管理組合からの告発を受理した県警が捜査していた。