日本でも広く親しまれた香港映画が苦境にあえいでいる。

巨大市場の中国本土に活動拠点を移す監督らが続き、産業として空洞化。

表現の自由も脅かされ、危機的状況に陥っている。

 ブルース・リーやジャッキー・チェンをまね、チョウ・ユンファ主演の「男たちの挽歌」にしびれ、ウォン・カーウァイ監督の「恋する惑星」にときめき、型破りな「少林サッカー」に笑った――。

香港映画は最もなじみ深いアジア映画だった。

…続きはソースで。

2021年6月20日 2時00分