岩手県の県立病院は7年ぶりの黒字 コロナ補助金で収益増加 ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を 岩手県の県立病院の昨年度の決算は、新型コロナウイルスの患者の治療などに対する 国からの補助金で収益が増えたため、「純損益」はおよそ25億円の黒字となりました。

黒字になるのは、2013年度以来、7年ぶりです。

県医療局によりますと、県内に20ある県立病院の昨年度の全体の決算は、 一般企業の売り上げにあたる「収益」が1145億2800万円で、前の年度と比べて、 およそ49億3000万円、率にして4.5%増えました。

一方、支出にあたる「費用」は、1120億3675万円で、前の年度と比べて 18億4000万円あまり、率にして1.7%増えました。

この結果、昨年度の「純損益」は24億9125万円で、2013年度以来、7年ぶりの黒字となりました。

昨年度は、新型ウイルスの感染拡大による受診控えで、患者が前の年度より8%あまり減少しましたが、 感染した患者の治療や病床の確保に対する国からの補助金が、 60億円あまりにのぼったことが、収益の確保につながりました。

病院別に見ると北上市にある中部病院や、盛岡市にある中央病院など、9つの病院が黒字になりました。

一方、赤字となったのは大船渡病院や一戸病院、それに釜石病院など11の病院です。

県医療局は「新型ウイルスの影響は各病院で続いているので、今後も経営改善に努める」としています。

06/21 06:00