6/21(月) 9:00配信 オリコン 『RIZAP』で減量に成功した和地つかさ  グラビアアイドルの和地つかさ(28)が、ライザップでボディメイクに成功。

専属トレーナーによる運動・食事・メンタルのマンツーマンサポートにより、約4ヶ月間で体重マイナス10.8キロ、ウエストマイナス19.5センチ、体脂肪率マイナス15.1%を達成した。

 ライザップは、グラビアアイドルとして自分の体型を偽りたくない、生まれ変わりたいという想いを受けて、和地の応援を決定。

ファンからは「わっち」の愛称で親しまれる和地は、親しみやすいキャラクターと身長148センチと小柄な愛らしいルックスで注目を浴び、近年ではグラビアアイドルだけでなく、バラエティー番組やドラマ、舞台など幅広く活躍する。

 そんな和地だが、グラビアアイドルとして自分の体型に自信が持てないという悩みを持っていた。

さらに、もともと太りやすい体質だったが、新型コロナウイルスの感染拡大による自粛期間中に肥満が加速した。

「このままじゃだめだ」「自分の理想の体型になりたい」という思いは強まるものの、これまでスポーツ経験もなく運動神経に自信がない和地はダイエットの方法もわからず、思い切ってライザップに挑戦することを決意。

 ライザップの専属トレーナーによる運動・食事・メンタルのマンツーマンサポートにより、約4ヶ月間で体重10.8キロ減、ウエストマイナス19.5センチ、体脂肪率マイナス15.1%を達成した。

 新CMでは、ライザップ挑戦前の大きく膨れたお腹を見せ、曇った表情の和地から一転、まるで別人のような美しくスタイリッシュなボディラインを披露。

和地は「グラビアアイドルとして色々な表現がしたいと思っていたのですが、『太っているから難しい』と言われてしまったり 、自信を持って水着姿になれなかったり、衣装が入らないことも結構あって…。かっこよくて健康的な体型にあこがれていました」。

 「でも私、本当に運動ができなくて、最初は身体を曲げる ストレッチ すらできない状態だったんです。それでもライザップのトレーナーさんがしっかり向き合ってくれて…少しできただけでもすごく褒めてくれました(笑)ライザップは私のように運動経験がない方や、何をすれば いいかわからない人にもおすすめだと思います。私みたいな運動音痴でも痩せることができました」。

 「前はXLのズボンしか入らなかったですけど(苦笑)、今はSサイズが履けるようになりました! 女の子の友達に、『カワイイね』とか『そんな身体になりたい』って言われることが増えました 。本当にうれしいです! 気持ちもすごくポジティブになりました!」とコメントを寄せている。

 ライザップでボディメイクに成功し、健康的でスタイリッシュな身体を手に入れた和地が出演する新テレビCMは6月21日より放映開始。

youtube UQ-MSwdJRoI