Vụ công an phát hiện tủ lạnh chứa hơn 1.000 thai nhi ở Hà Nội: Sở Y tế nói gì? 2021/06/09 04:06 JST ハノイ市ハドン区フーラム街区(phuong Phu Lam)にある路地の貸し部屋から中絶胎児の遺体約1300体が見つかった件について、保健省は「一部医療施設が医療廃棄物処理に関する規定に違反した」と発表した。

これに先立ち、同市警察は5月末、中絶胎児の遺体約1300体を発見したことについて、「ボランティア団体による慈善活動の一環」と発表し、現時点で事件性は認められないとしていた。

騒動となったハノイ市の件だけでなく、全国各地では多くのボランティア団体が医療施設で中絶された胎児の遺体を引き取って埋葬を行っている。

中絶胎児の遺体は墓地に移されるまでの間、冷凍庫で保管されるケースが多い。

中絶胎児の遺体を引き取ること自体は慈善目的の活動だが、ボランティア団体に胎児の遺体を引き渡した医療施設の行為は、医療廃棄物処理に関する規定違反に当たると指摘されている。

保健省が中央小児病院(ハノイ市)の報告として発表したところによると、ボランティア団体が中絶胎児として引き取った中に、未熟児も含まれていることがあり、同病院に救急搬送されたケースもしばしば発生したという。

保健省は地方自治体に対し、管轄地域内で中絶サービスを提供する医療施設の監視・検査を強化して、医療廃棄物処理について情報周知を行うほか、規定に違反した医療施設を厳格に処分するよう求めた。

2021/06/02 03:26 JST ハノイ市ハドン区フーラム街区(phuong Phu Lam)にある路地の貸し部屋から中絶胎児の遺体約1300体が見つかった件について、同区警察は「慈善活動の一環」と明らかにし、事件性を否定した。

警察は地元住民から「大きな袋を運ぶ怪しげなグループ(5~6人)が出入りしている」との通報を受け、貸し部屋の立ち入り検査を行ったところ、冷凍庫から約1300体もの胎児の遺体を発見した。

その後の警察の調べにより、このグループは、ハノイ市内の医療施設で中絶された胎児の遺体を引き取り、埋葬を行うボランティア団体の人々であることが判明。

中絶胎児の遺体は墓地に移されるまでの間、冷凍庫で保管していたという。

警察は今回の件について「事件性はない」としながらも、ボランティア団体が中絶胎児を引き取って民家の冷凍庫で遺体を保管することが、周辺に暮らす人々の生活環境に影響を及ぼす可能性もあるとして、引き続き慎重に調査を進める方針を示した。