ゲーム大手Electronic Arts(EA)がサイバー攻撃を受け、「FIFA 21」を含む人気タイトルの重要なゲームファイルが盗まれた。

そのデータは現在、ダークウェブで販売されていると報じられている。

 Viceによる米国時間6月10日の報道によると、ハッカーらは「FIFA 21」のソースコードやそのマッチメイキングサーバーのコードなど、780GB分のデータをEAのサーバーから盗んだと主張している。

「バトルフィールド」などのEAの人気タイトルを支えるゲームエンジンである「Frostbite」のソースコードも盗まれたいう。

 EAは米CNETの取材に対し、ハッキングを受けたことを認め、ランサムウェア攻撃ではなく、漏えいしたファイルにプレーヤーのデータや個人情報は含まれていなかったと述べた。

 「当社のネットワークに対する最近の侵入事件について調査している。この事件で盗まれたゲームのソースコードと関連ツールの量は、限られている」「プレーヤーデータへのアクセスはなく、プレーヤーのプライバシーに対するリスクがあったと考える根拠はない。事件を受けて、既にセキュリティを改善しており、当社のゲームや事業に影響があるとは考えていない。継続中の犯罪捜査の一環として、警察当局などの専門家に積極的に協力している」(EAの広報担当者)  2021年のゲーム見本市「E3」は6月12日開幕予定で、その直前のタイミングで今回のサイバー攻撃が発生した。

2021年06月11日 09時33分