┃忠南の某大学、特定学科の女子学生らが被害を訴え (え) _______________________________________________________ 『・・・・・・・・ (プツッ)』 忠南(チュンナム)にある某大学の女子学生たちが、真夜中に『発信者非表示』でかかってくる電話のせいで不安に駆られている。

11日、忠南の西北部にあるA大学の学生によれば、最近大学内の3~4学科の女子学生約100人の携帯電話に匿名の電話がかかっている。

発信者は男と推定され、電話は主に午前0時から3時の間にかかってくるというのが学生の説明だ。

電話を取ると受話器の向こうの男は何も言わず、息の音だけを出したり囁いてから電話を切ったという。

一部の学生は「変な声を出してさぶいぼが立った」と説明して、「犯人は家の住所も知っているのではないのか、怖い。速やかに捕まえてほしい」という要求が殺到したことが分かった。

このような事実は、被害者の女子学生らが団体メッセージ房や学内のコミュニティーなどに、自身の事例を共有しながら判明した。

A大学の関係者は、「このような事件があったことを被害者の学生たちから聞いた」とし、「学生とともに、警察に犯人を捕まえるよう要請する予定だ」と強調した。

ソース:ファイナンシャルニュース(韓国語)