「Vivaldi 4.0」  ノルウェーのVivaldi Technologiesは6月9日(現地時間)、Webブラウザー「Vivaldi」の最新版v4.0を正式公開した。

メジャーアップデートとなる「Vivaldi 4.0」では、翻訳機能がビルトイン。

サードパーティーの拡張機能を導入しなくても、海外の記事を日本語で楽しめるようになった。

 「Vivaldi」にビルトインされた翻訳機能の特徴は、Lingvanex社の翻訳エンジンを自社で運用・提供している点だ。

「Google 翻訳」と比べると日本語翻訳の精度は若干落ちるようだが、Googleに翻訳テキストを送信することをプライバシー保護の観点から好ましく思わないユーザーにとっては貴重な選択肢となりそうだ。

ちなみに、この翻訳機能はデスクトップ版だけでなく、モバイル版「Vivaldi」アプリでも利用可能。

「Vivaldi」にビルトインされた翻訳機能  さらに、初めて「Vivaldi」に触れるユーザー向けに3つのデフォルトレイアウトを選択できるウェルカム画面(vivaldi://welcome/)が追加された。

一般的にソフトウェアは多機能になればなるほどUIが複雑化し、全体の見通しが悪くなる。

初期設定ではバランスの取れた「ベーシック」レイアウトがおすすめされるが、まずは「Vivaldi」の雰囲気に慣れたいというのであれば使いやすさ重視の「シンプル」を選んでもよいだろう。

「Vivaldi」の豊富な機能を余すところなく体験したいなら「アドバンス」がおすすめだ。

初めて「Vivaldi」に触れるユーザー向けに3つのデフォルトレイアウトを選択できるウェルカム画面(vivaldi://welcome/)が追加  また、主要な機能の設定がステップバイステップで行えるのもこのウェルカム画面が優れている点といえるだろう。

他のブラウザーから設定をインポートしたり、トラッカーと広告のブロックを有効化したり、タブバーの位置を調整するといったことが行える。

初めて「Vivaldi」に触れるユーザーにとっては、「Vivaldi」にどのような機能があるのかを知る手掛かりとしても役立つ。

主要な機能の設定がステップバイステップで行える >>2 へ続く □関連リンク 未来の自分に届けたいブラウザー – Vivaldi パソコンとAndroid向けブラウザVivaldi 4.0をリリース 待望の翻訳機能を搭載し、ベータ版としてメール・カレンダー・フィード機能を公開 | Vivaldi Browser 「Vivaldi」旧「Opera」のコンセプトを引き継ぐ多機能Webブラウザー – 窓の杜 2021年6月10日 15:26 窓の杜