東京都の小池百合子知事は6日、新型コロナウイルスの都内の感染状況について「新規感染者は減少傾向にある」としつつ「ストンと落ちる感じではない。 いまも緊急事態宣言のまっただ中にある」と述べ、感染防止対策への協力を改めて呼びかけた。

都庁で記者団に語った。

都内の同日の新規感染者は351人で、直近1週間平均は約426人と前週の76.3%だった。

小池氏は「抑えるのには時間がかかるが、リバウンドするときはあっという間だ」とも話した。