大阪府警は6日、阪神高速道路の自動料金収受システム(ETC)をオートバイで不正に通り抜け、料金を免れたなどとして、道路整備特別措置法などの疑いで、大阪府門真市の会社員泉谷繁浩容疑者(60)を逮捕した。

前の車にぴったりとついて料金所を通過する手口。

「3年前くらいから200回以上突破した」と容疑を認めている。

逮捕容疑は4月11日午前10時半ごろ、オートバイを運転し守口本線料金所から高速に入る際、ETCレーンで前の車との距離を詰めて通り抜け、料金を支払わなかった疑い。

高速隊によると、ナンバーの一部をテープで隠し「身元がばれないようにしていた」と供述した。

共同通信