ブラックマヨネーズが、6月3日放送の『やすとものいたって真剣です』(ABCテレビ)で、チュートリアル・徳井義実の素顔を暴露した。

 徳井について小杉竜一は、「大阪のときから共演者に手を出してましたからね。変わらないんじゃないですか」と女性問題を明かす。

相方の吉田敬も「そのへんは野蛮やな、あいつは」と同意した。

 さらに小杉は「想像を絶するルーズさですよ、あいつは」と徳井の「申告漏れ謝罪会見」のフレーズを引用する。

「レンタルビデオを返さずに、15万円とか20万円払ってましたからね。そういうルーズさを昔から見てるんで、最近のことも『でしょうね』って感じなんです」  小杉は、MCなどもこなす徳井について「東京の人が、えらいちゃんとした人と思って徳井を見てた。そっちのほうにビックリしてます。奇人のイメージやったから」とぶっちゃけていた。

 小杉が語った徳井の素顔にSNSではさまざまな意見が寄せられた。

《こちらだってルーズなん存じておったよ。

まさか世間を騒がす程とは想定外やったけど》 《レンタルの延滞料金が 15万やら20万やらになるって 月単位の長さよな》 「同番組で吉田さんは、養成所時代に見た徳井さんについて『オモロいやつが現れた』と驚いたと明かしています。  本人たちはライバルとは思ってなかったものの、吉田さんによると、ケンドーコバヤシさんが『徳井、ウケてるぞ』と焚きつけて、小杉さんは『火がつきました』と対抗意識を持つように。  ライバルながらも、当時、吉田さんが『アイツ(徳井さん)がもし悩んで “この世界やめよう” って言ったら泣きそうになりますけど』と吐露した映像も紹介され、小杉は『すごい本音でしゃべってる』と振り返っていました」(芸能ライター)  同番組で徳井はブラマヨの『M-1』優勝時のネタを「近代漫才でダウンタウンさんの漫才と並ぶぐらいすごい」と絶賛。

2組の対抗意識がお互いを成長させてきたのだ。