兵庫県丹波市の林道に同県内在住の中学2年の少女(13)の遺体が遺棄された事件で、兵庫県警捜査1課と丹波署は6日、自殺幇助(ほうじょ)の疑いで、住所不定の無職、西田裕一容疑者(23)を再逮捕した。

再逮捕容疑は5月5日夜、丹波市内の林道にとめた車内で練炭を燃やし、少女が自殺するのを手助けしたとしている。

西田容疑者はSNSで知り合った少女を5月5日早朝に車に乗せ、20時間以上過ぎた翌6日未明に同署に出頭。

少女と2人で自殺しようとしたが、死にきれなかったと申告した。