道路横断中にはねられ男性死亡 運転の男を逮捕 富士市 *ソース元にニュース画像あり* ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を 5日未明、富士市の市道で、道路を歩いて渡っていた会社員の男性が軽自動車にはねられ死亡し、 警察は運転していた52歳の男を過失運転致傷の疑いで逮捕しました。

5日午前3時40分ころ、富士市下横割で道路の横断歩道ではない部分を歩いて渡っていた 富士市森島の会社員、鳥居博幸さん(57歳)が軽自動車にはねられました。

鳥居さんは全身を強く打ち運び込まれた病院でおよそ1時間後に死亡しました。

警察は軽自動車を運転し、事故を通報した富士市森島の鍼灸師、目黒彰容疑者(52歳)を 過失運転致傷の疑いでその場で逮捕しました。

現場は片側一車線の見通しの良い直線道路で、警察は容疑を過失運転致死に切り替えて事故の詳しい状況を調べています。

06/05 19:52