カツオ豊漁に沸く今春の土佐湾で、5月中旬から供給過剰により市場価格が1キロ100円以下にまで暴落する皮肉な事態が起きている。

新型コロナウイルス下での需要低迷も値崩れに追い打ちを掛け、「釣っても売り先がない」と出漁を見合わせる一本釣り漁船も。

スーパーにお買い得な刺し身が並び、消費者にはうれしい半面、水産関係者は複雑な心境だ… 続きはソース元で