6/6(日) 15:01配信 毎日新聞  陸上男子短距離の山県亮太(28)=セイコー=が6日、鳥取市のヤマタスポーツパーク陸上競技場で開催された布勢スプリントの男子100メートルで、9秒95(追い風2・0メートル)の日本新記録をマークした。

サニブラウン・ハキーム(22)が2019年6月の全米大学選手権決勝で出した9秒97を塗り替えた。

 山県は17年9月の全日本実業団対抗選手権と銅メダルを獲得した18年夏のジャカルタ・アジア大会で10秒00を出しており、自己ベストを0秒05更新した。

東京五輪参加標準記録(10秒05)もクリアした。

 日本勢で9秒台を出した選手は4人目。

桐生祥秀(25)=日本生命=が東洋大時代の17年9月に福井県営陸上競技場(9・98スタジアム)であった日本学生対校選手権で、日本選手初の9秒台となる9秒98をマークした。

19年7月にロンドンで行われたダイヤモンドリーグでは、小池祐貴(26)=住友電工=が9秒98を出している。

世界記録はオリンピック3大会連続金メダリストのウサイン・ボルト(ジャマイカ)が09年世界選手権で出した9秒58。

 山県は広島市出身。

100メートルで広島・修道高時代に出場した09年世界ユース選手権4位。

慶応大時代の12年に出場したロンドン五輪では、予選で五輪の日本選手最速となる10秒07を出し、準決勝に進んだ。

14年以降は腰痛に苦しんだが、16年に復調し、8月のリオデジャネイロ五輪では2大会連続で準決勝進出。

準決勝では10秒05で自身が持つ五輪の日本選手最速タイムを塗り替えた。

400メートルリレーでは第1走者を務め、銀メダル獲得に貢献した。

【新井隆一】