最近、北米で17年に1度大発生する「17年ゼミ」のニュースを耳にした。

捕食する鳥や動物が食べきれないほど一気に羽化する光景は圧巻。

子孫を残すのに有利な生態なのだという。

セミは身近ながら不思議の多い昆虫だ。

そういえば日本のセミについても疑問がある。

関西では「ミンミン」という鳴き声を耳にしないような……。

 関西のセミはちょっと違う。

東京都出身の記者(28)がそう気づいたのは子どもの頃だ。

夏休みに神戸市の祖母の家に泊まると、「シャアシャア」という聞き慣れないセミの大合唱で目が覚めた。

セミは「ミンミン」と鳴くものだと習ったのに……。

祖母は「あれはクマゼミという別の種類だ」と教えてくれた。

 ウェザーニュースは2020年、「一番よく聞くセミの鳴き声」を都道府県ごとにアンケート調査した。

大阪府、兵庫県など関西ではクマゼミ、東京都、神奈川県など関東ではミンミンゼミという回答が目立った。

 元来、ミンミンと鳴くミンミンゼミは比較的寒冷な東日本、クマゼミは温暖な西日本に多いという。

ただ、現在では東京と大阪の気候はそれほど変わらない。

それでも両者の勢力分布の傾向にあまり変化がないのはなぜだろう。

…続きはソースで。

2021年6月1日 2時01分