メキシコの先住民マヤの人々が古代から育ててきたミツバチが次々と死んでいる。

その原因の一つに、厳格な教義を守るキリスト教の1教派メノナイト(再洗礼派)と呼ばれる人々が栽培する大豆にあるようだ。

ナショナル ジオグラフィック6月号では、伝統的な養蜂と大規模農業の間に生まれた摩擦をリポートしている。

◇     ◇     ◇  カンペチェ州では現在、およそ1万2000人のメノナイトが18カ所のコロニーで暮らしている。

彼らは、キリスト教の1教派メノナイトのなかでも最も保守的な「オールド・コロニー・メノナイト」と呼ばれる人々だ。

彼らは電気や電話、自動車といった文明の利器を使わずに暮らし(ただし、農業機械は使う)、ユカタン半島に入植して以来、広大な面積の森を伐採し、農地に変えてきた。

 一方、蜂蜜は多くのマヤの家族にとって主要な収入源だ。

毎年2万トンほどの蜂蜜がユカタン半島から主に米国や欧州連合(EU)に出荷されている。

メキシコが遺伝子組み換え大豆を承認すると、EUは同国から輸入される蜂蜜に対して、遺伝子組み換え体の含有検査と表示を求め、場合によっては蜂蜜の輸入を拒否すると通達してきた。

 養蜂家たちによれば、メノナイトが行っている大規模な農業、とりわけ遺伝子組み換え大豆の栽培と農薬散布がミツバチたちを殺し、蜂蜜を汚染しているという。

「大豆栽培がこのまま拡大すれば、私たちのミツバチはいなくなるでしょう」と養蜂家は言う。

「20年もしないうちに、ここにある何もかもが破壊されてしまいます」。

不安は怒りへと変わっていった。

 マヤの養蜂家たちは、土着のミツバチであるハリナシミツバチは霊界とつながりがあり、ミツバチと蜂蜜の神アー・ムツェン・カブからの贈り物だと信じてきた。

ミツバチたちは葉が豊かに茂る森で力強く生きているが、ユカタン半島ではそうした森が急速になくなっているのだ。

 ある養蜂家は、州内で遺伝子組み換え大豆が栽培され始めるとすぐに蜂蜜の生産量が激減し、死ぬミツバチが増えたという。

1トンの蜂蜜を集めるのに、20年前なら12個の巣で足りたが、今では45個も必要だと教えてくれた。

…続きはソースで。

2021年6月6日