2021年06月06日 11:15野球  【ア・リーグ エンゼルス―マリナーズ ( 2021年6月5日 アナハイム )】 エンゼルスの大谷翔平投手(26)は5日(日本時間6日)、本拠地アナハイムでのマリナーズ戦に「2番・DH」で先発出場。

第1打席に岩手・花巻東高の先輩のマ軍先発・菊池雄星投手(29)からメジャー2位タイとなる16号アーチを放った。

 初回、菊池の投球を捉えて16号アーチ。

5月25日(同26日)のレンジャーズ戦の4回の右越え15号ソロを放って以来8試合ぶりのアーチで、リーグ本塁打争いで17本塁打でトップのブレーブスのアクーニャとブルージェイズのゲレロェイズ・ゲレロ、パドレス・タティスに1本差に迫った。

これまでの菊池との対戦成績は7打数3安打1本塁打、打率・429で、19年7月21日以来の対戦だった。

本塁打は19年6月8日(同9日)に本拠地で放って以来2年ぶりだった。

 前日4日(同5日)の同カード2戦目では「2番・投手」で今季8試合目の登板、5試合目の投打同時出場。

投げては6回4安打2失点、10奪三振で今季2勝目(1敗)を挙げ、打っては2打数無安打1四球で、通算打撃成績は、52試合で192打数49安打40打点、15本塁打、7盗塁で打率・255となっていた。

これまで投打同時出場の翌日の打撃成績は、11打数無安打だった。