音楽ユニット・いきものががりの山下穂尊が、今夏にグループを脱退し、芸能界を引退すると発表した。

今後山下は、執筆や楽曲制作などの創作活動をしていく。

6月10・11日に横浜アリーナで開催されるコンサートが、3人での最後の活動になるという。

 今回の山下の脱退について、「ついにきたか」と話すのは、レコード会社関係者だ。

「山下は、以前から女性関係の醜聞がいくつも囁かれていて、実際に週刊誌に報道もされている。NHKとの仕事も多く、“優等生バンド”イメージが強いいきものがかりにとっては山下のプライベートこそが最大の不安材料だったのは確か。遅かれ早かれ山下が表舞台から消えるのではないかと、ずっと言われていました」 脱退劇に至った最大の原因とされているのが、2020年1月に写真週刊誌『FRIDAY』(講談社)に報じられたスキャンダルだ。

「山下が合意なく女性と関係を持ったという内容の記事でした。酔って意識がなくなった女性と性行為をしたとなると、“準強姦”に当たる可能性も高いわけで、それこそ警察沙汰になっていたかもしれない事件です。山下と当時の所属事務所は、告発の証拠となったLINEを“捏造”だと完全に否定していますが、デートレイプ疑惑はあまりにもイメージが悪すぎた」(ベテラン芸能記者)  一旦は報道を完全否定し、そのまま活動が続いていくのかと思いきや、結局脱退という形になった。

「報道からだいぶ時間が経っているとはいえ、ここで脱退してしまうと、あの報道の真偽が気にかかりますよね。正直、残された2人の活動にも悪影響を与えかねないでしょう。ファンももちろん、そういった事情をしっかりと把握してるわけで、横アリのコンサートもどんよりとした雰囲気になるはずです」(前出・レコード会社関係者)  なんとも後味が悪くなりそうな山下の脱退。

2人組となったいきものがかりが、かつてのような輝きを見せてくれるだろうか 2021/06/05 06:00