計画では品川駅に地下鉄が通るはずだった? JR山手線にある大ターミナル駅――例えば上野には銀座線と日比谷線、池袋には丸ノ内線と有楽町線と副都心線、新宿には丸ノ内線と都営新宿線と大江戸線、渋谷には銀座線と半蔵門線と副都心線――にはいずれも複数の地下鉄が通っていますが、唯一、品川には地下鉄がありません。

なぜ開通しなかったのでしょうか。

と書いた直後に言い訳がましいのですが、「地下鉄」の定義次第では品川にも地下鉄は通っています。

京急電鉄本線の品川~泉岳寺間です。

京急品川駅は高架駅のため地下鉄という感覚はないかもしれませんが、この区間を含む地下鉄1号線(押上~品川・馬込間)の免許は元々、帝都高速度交通営団(営団地下鉄、現在の東京メトロ)が保有していたことが示すように、地下鉄路線網の一部として計画されていたものでした。

 ところが戦後、東京都が地下鉄事業に参入することになり、地下鉄1号線(都営浅草線)の免許は営団から東京都に譲渡されます。

1号線は押上で京成電鉄、泉岳寺で京急と接続し、相互直通運転を行うことになり、品川~泉岳寺間の免許は営団から京急に譲渡され、京急線の一部として建設されることになりました。

 しかし実は、品川~泉岳寺間に「地下鉄」が建設されたことと、品川に他に地下鉄がないことには密接な関係があるのです。

品川駅に地下鉄は「必要なかった」 日本で地下鉄建設が検討され始めたのは大正時代のことです。

当時の東京の中心部は新橋~上野間で、この区間には山手線と京浜東北線が運行されていました。

ところが東京の人口が増加し、都市圏が拡大すると、山手線の西側の人口が増加していきます。

 これらの地域の人々は、中央線で都心まで直通できる人を除けば、私鉄から山手線に乗り換えて都心に通わねばなりませんでした。

ぐるりと円を描く山手線は遠回りですし、乗客が集中するため大混雑します。

 そこで、各ターミナルと都心を結ぶ地下鉄を建設し、山手線の混雑を緩和しようと考えたのです。

そのため最初期に計画された5つの路線は池袋や新宿、渋谷、目黒、五反田など山手線のターミナル駅と都心を結ぶ計画でした。

 ではなぜその中に品川が含まれていなかったのか。

答えは簡単です。

品川には既に都心に直通する山手線と京浜東北線が走っていたからです。

現代的な感覚では、地下鉄と山手線、京浜東北線は性質が異なるように思うかもしれませんが、どちらも都市高速鉄道というジャンルの交通機関です。

 それまで都市の移動の主役だった路面電車は道路を人や車と共用するため速度が遅く、定員も少ないのに対し、大型の車両が専用の線路を高速で走る都市高速鉄道は、路面電車よりも速く、大量の乗客を運ぶことができるため、都市の郊外化に対応することが可能です。

6/6(日) 9:40 配信