1回目接種後2%、2回目は41%が休み取得 ワクチン副反応 最多は「発熱」 鹿児島市の病院が職員アンケート 新型コロナ 6/6(日) 8:00配信  鹿児島市の米盛病院は、新型コロナウイルスワクチンの2回接種を終えた職員の勤務への影響調査を公表した。

1回目接種では、副反応により休暇を取ったのは2.4%(18人)だったのに対し、2回目は41.6%(316人)と大幅に増加した。

米盛公治院長は「特に2回目接種後は1日でもワクチン休暇が取れることが望ましい」としている。

 4月14日までに2回接種した858人のうち、759人がアンケートに答えた。

休んだ日数の平均は1回目が1.3日(最大4日)、2回目が1.2日(最大3日)だった。

 2回目接種後に休んだ理由となった症状(重複含む)は、発熱が271人で最も多く、倦怠(けんたい)感222人、頭痛159人、関節痛124人と続いた。

 米盛院長は「副反応を考慮しても中和抗体を獲得する意義は大きい。怖がらずに1人でも多くの人に接種を受けていただきたい」と語った。