三反園訓氏 衆院選 前鹿児島県知事 三反園氏が鹿児島2区立候補へ 無所属、保守票争奪激化か 「故郷のために仕事を」  前鹿児島県知事の三反園訓氏(63)が、次期衆院選に鹿児島2区から無所属で立候補する意向を固めたことが5日、分かった。

南日本新聞の取材に「鹿児島は観光、畜産など、さまざまな分野で発展の可能性を秘める。新型コロナウイルス収束後を見据え、故郷のために仕事をしたいと思っている」と述べた。

近く正式に表明する。

県内の衆院選挙区に、戦後の知事経験者が立候補するのは初めて。

 三反園氏は昨年7月の知事選で自民、公明両党の推薦を受けており、既に政権幹部や自民党関係者に立候補の意向を伝えた。

2区は自民現職の金子万寿夫氏(74)=3期目=が党公認となる見通しだが、知名度の高い三反園氏が名乗りを上げたことで、保守層の切り崩しが激しくなりそうだ。

 三反園氏は指宿市出身。

早稲田大卒。

テレビ朝日コメンテーターを経て、2016年の知事選に無所属で初挑戦。

4選を目指した伊藤祐一郎氏との一騎打ちを制し、県政初の民間出身知事となった。

戦後最多の7人が立候補した昨年7月の知事選で再選を目指したものの、塩田康一氏に及ばなかった。

 三反園氏は昨夏以降、県内で朝のつじ立ちなどを始めていた。

最近は主に鹿児島市谷山地区で活動していたため、鹿児島2区への立候補が取り沙汰されていた。

 2区には三反園氏、金子氏のほか、元県議で共産新人の松崎真琴氏(63)が立候補する見通し。