東京都・亀戸にある弁当店「キッチンDIVE」で5月25日午前3時20分ごろ、店員に小銭を投げつけ、暴言を吐くなどの迷惑行為をしたあごマスクの男性2人組のうちスーツ姿の男が3日、菓子折をもって同店に謝罪に来たという。

 スーツを着た男は午後8時ごろ、再び同店に訪れた。

今度はマスクをちゃんとしていたという。

同店代表の伊藤慶さんは不在だったため、電話で対応した。

 伊藤さんによると、ツイッターなどに顔をさらされている状況だったため、男は意気消沈している様子で、「すいませんでした。許していただけますか」と謝罪した。

 しかし、伊藤さんは「到底許せない。示談にする気もさらさらありません」と伝え、「今からパトカーを呼びますので、あなたが警察署に行って、警察と話して、自首という形がとれるのであればそうしたらいいのでは」と提案。

男が「はい、わかりました。それでお願いします」と言ったため、そのままパトカーを呼んだ。

城東警察署は男の出頭を認めている。

 男からの菓子折は店員が受け取ったが、伊藤さんは中を見てもいないといい、男が引き取りに来るよう伝えてあるという。

「謝罪に来ただけ、スーツの男はちゃんとしているところがある。大人としての対応をとったんだろうなと思う」と謝罪行動については一定の理解を示した上で、「なぜもう一人のパーカーの男は謝罪にすら来ないのか。憤りを感じています」と怒りをあらわにした。

 男ふたりは5月25日午前3時20分ごろ同店を訪れ、レンジでお弁当を温めるよう要望。

新型コロナウイルスの感染防止対策として、混雑を防ぐため、同店では使用を中止していた。

店員がその旨を伝えると男たちは激高。

「こんな店炎上させてやるからな」「なんやコラ、ガキ」など暴言を吐き、小銭を店員に投げるなどの行為を行っていた。

その際、マスクはあごに付けており、口にはしていなかった。

同店では24時間店内をYouTubeで中継しており、視聴者から伊藤さんに連絡が入り、騒動になっていた。

スポーツ報知 6/4(金) 15:01 写真