■TOKYO MX(2021年6月5日 18時30分)  緊急事態宣言の影響で、苦境に立たされている地元の飲食店を応援しようと、地元密着の金融機関が立ちあがりました。

 東京の城南信用金庫目黒支店の駐車場に、普段は見られないお弁当や物産品がズラリと並んでいます。

 この取組をはじめた城南信用金庫は、街の飲食店の方が大変困っている中で、地域の方に「買って応援・食べて応援」するきっかけになればと、計画をしたそうです。

 城南信用金庫によりますと、今後この取組は継続し、苦境に陥った地元飲食店が新型コロナの危機を乗り越えられるよう応援したいとしています。