元オアシスのノエル・ギャラガー(54)が、ついに新型コロナウイルスのワクチンを接種したことを明らかにした。

「Radio Times」でノエルが明らかにしたもので、最初は予約を取り消したが、接種を決めたのだという。

接種を拒否していた理由については「正直、髪の毛が減ることを心配していた。でも、かかりつけの医者に『そんな証拠はどこにもない』と言われたから、『それって俺に接種しろって言ってる?』って聞いたら『接種しないのは愚かだ』と言われて接種を決めた」と語った。

突然の方針転換には、「イギリスではまた感染者が増え始めたけど、死者が少ないからワクチンを信じたのでは?」「意外と臆病で、ワクチンの副反応の様子を見て決めたのではないか」といったツイートが寄せられている。