自動車のF1シリーズ第6戦、アゼルバイジャン・グランプリは5日、バクーで予選が行われ、アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は自己最高の8番手だった。

フェラーリのシャルル・ルクレール(モナコ)が2戦連続でポールポジションを獲得した。

角田の同僚ピエール・ガスリー(フランス)は4番手。

 レッドブル・ホンダ勢はマックス・フェルスタッペン(オランダ)が3番手、セルヒオ・ペレス(メキシコ)が7番手だった。

(共同)