10 grunge albums you should definitely own By Greg Prato (Classic Rock) 2 days ago Did grunge kill glam rock or rescue us from it? Either way, the new noise from Seattle was a revolutionary force. Here’s ten of the best grunge albums (※グランジはグラム・ロックを殺したのか、それとも救い出したのか。

いずれにしても、シアトル発のニューノイズは革命的な力を持っていました。

ここでは、グランジのベストアルバム10枚を紹介します。

) (※中略) ●Nirvana – Nevermind (1991) ※グランジの代名詞 ※ヘッドバンガー、パンク、ポップスのファンにアピールする素晴らしい楽曲群 ●Pearl Jam – Ten (1991) ※最も商業的 ※このアルバムの最高傑作である「Black」がシングルとして発表されなかったことも魅力的 ●Soundgarden – Badmotorfinger (1991) ※クリス・コーネルはこのジャンルで活躍する最高のシンガーのひとり ※冒険的なバンドへと変貌 ●Temple Of The Dog – Temple Of The Dog (1991) ※悲劇の中で生まれたこのアルバムは、グランジの中でも特に優れた作品 ※天才的なカタルシスに満ちた作品である。

●Mother Love Bone – Apple (1990) ※グランジにも魅力的な側面があったことを証明 ※マザー・ラブ・ボーンが作る唯一のアルバムであることを知ると、より大きなインパクトを受ける。

●Alice In Chains – Facelift (1990) ※ヘビーメタル・バンド ※チャートに印象を残した最初のグランジ・アルバム ●Smashing Pumpkins – Gish (1992) ※90年代を代表するロックバンドの1つである彼らのスリリングなデビュー作は、彼らの残りのキャリアの青写真のようだ。

※壮大でプログレッシブな曲構成、幾重にも重なった派手なギター、ソリッドでスウィングするリズムセクション、そしてもちろん、ビリー・コーガンの怒りに満ちた告白のような歌詞と感情的な語り口など、彼らのサウンドを構成するすべての要素がここにある。

●Stone Temple Pilots – Core (1992) ※間違いなく彼らの最もグランジなアルバム ※STPのアルバムの中で唯一、ボーカルのScott Weilandの薬物問題や逮捕にまつわるドラマが影を潜めていない作品でもあります。

●Screaming Trees – Uncle Anesthesia (1991) ※サイケデリックへのあこがれ ※傑出した曲を含む、彼らの最高傑作 ●Various – Singles Original Soundtrack (1992) ※『Singles』の価値を高めたのは、パール・ジャム(Breath)、サウンドガーデン(Birth Ritual)、スマッシング・パンプキンズ(Drown)の未発表の逸品や、アリス・イン・チェインズのダート(Would?)の試奏曲が収録されていること ※抄訳(DeepL翻訳)