<国際親善試合:U-24日本6-0U-24ガーナ>◇5日◇ベススタ 日本は全員うまく見えたね。

パスはつながるし、シュートは正確だった。

守備も組織的で、連携もよく、非の打ちどころがなかったな。

日本は完璧なチームだった。

相手は、ガーナから40時間も掛けて来日した。

日本での練習は2日間だけ。

年代的にも五輪ではなく、1つ下のユース選手が多かった。

時差ぼけなのか、前半の途中から足が止まっていた。

東京五輪初戦の南アフリカ対策にもならないね。

この日のスタメンの平均身長は、日本が180センチ、相手は173センチだよ。

これで南ア対策になるのかな。

こんな弱々しい相手に、五輪メンバー入りを掛けたサバイバルなんて、当落線上の選手がかわいそうだね。

2日前にA代表に0-3で完敗して、意気消沈したところで6-0の快勝。

気分転換にはなったのだろうから、良しとするしかないね。

次のジャマイカ(12日、豊田ス)がどんなメンバー、コンディションでくるか、心配だな。

ガーナみたいに、賞金(対戦料)稼ぎではないことを祈るけどね。

おそらくまた、サバイバルの参考にならないんじゃないのかな。

あ~あ、出てくるのはため息ばかりだね。

(日刊スポーツ評論家) 6/5(土) 22:09配信