海の向こうでは、すでに“元の生活”が戻ってきているようだ。

日本でも、新型コロナウイルスのワクチン接種が進めば、さまざまなものが“解禁”されるのだろうか。

まず、最も気になるのは、「マスクは外せるのか」だ。

アメリカのバイデン大統領は「ワクチン接種を受けたらマスクをしないでいい。握手やハグだってできる」と発表。

ニューヨークではマスクなしの日常を取り戻した。

さらに韓国では、1回目の接種を受けただけでも、7月以降は屋外でのマスク着用義務が解除されるという。

しかし、日本がマスクなしの日常に戻れるのはもう少し先だろうと医師は予測する。

国際医療福祉大学病院内科学予防医学センターの一石英一郎さんはいう。

「厚生労働省のガイドラインでは、ワクチン接種後もマスク着用が推奨されています。 ワクチンを打って免疫が完全に機能するまでは、ある程度時間がかかる。 『ワクチンを打ったら、すぐにマスクを外していい』とするのは、かなりリスクが高いでしょう。 ただ、気温が上がるにつれ、熱中症から身を守るという観点でも、屋外ではマスクをしなくてよくなるかもしれません。 その後、感染者数が大幅に減っていけば、屋内でも美術館や映画館など、感染リスクが低い場所から、マスクを外せるようになる可能性があります」 では、外食はどうか。

飲食店の通常営業再開は、海外ではワクチン接種率がひとつの目安となっている。

例えばイギリスでは、1回目の接種率が55%を超えた5月16日に、レストランやバー、パブの屋内営業が再開。

5月末現在、成人人口の約50%が1回目の接種を終えたフランスは6月9日に店内での飲食が解禁される予定だ。

ワクチン接種率50%というのは、飲食店の営業再開の世界的な基準のひとつになっているようだ。

「ただ、現在のペースだと、日本でワクチン接種率が50%を超えるのは、数年以上先。 日本では、65才以上の1回目の接種率が50%を超えて、感染者や重症患者が大幅に減ることが、現実的な方向性ではないでしょうか。 といっても、現在のペースでいくと約6か月先になるのですが……」(一石さん) コンサートなどの大規模なイベントはどうか。

多くの人が集まって密着し、飛沫感染リスクもある音楽イベントは、厳しく規制されてきた。

この現状を打開したのがイギリスだ。

5月26日、政府の許可のもと、ワクチン接種済みの観客6万人を集め、マスクなしでのロックコンサートを実施した。

実はこのコンサートは、ワクチンの効果を確かめるための実証実験。

ライブ後に調査した結果、参加した人の99.9%以上がコロナ陰性となり、ワクチンの効果が認められる結果となった。

「現在、日本でコンサートを行う場合、座席間隔を空ける必要があったり、声援を送れないなど多くの規制があります。 イギリスの実験結果をもとに、規制緩和が進むかもしれません」(一石さん)