フジテレビの井上清華アナウンサーが5日、自身のインスタグラムを更新し、一部週刊誌でステルスマーケティング(ステマ)が報じられたことを受けて、謝罪コメントを発表した。

 井上アナは「報道された件に関して、放送人として自覚を持って行動しなければならなかったと反省しています」と心境を伝え、「しばらく投稿が空いてしまいましたが、より一層責任感を持って誠実にお伝えしていきますので、今後ともよろしくお願い致します」とつづった。

 3日には宮澤智アナ、久慈暁子アナ、木下康太郎アナ、堤礼実アナもそれぞれのインスタで謝罪。

4日には杉原千尋アナ、三上真奈アナ、海老原優香アナも謝罪した。

 4月発売の『週刊文春』では、女性アナウンサー数人が都内の美容室でヘアカットなどを無料でしてもらった代わりに、店のSNSにヘアカット後の写真を掲載するなど宣伝に協力したことが、ステルスマーケティングに当たるのではないかなど、関係者の話を交えて報じた。