50代、60代とシニア世代の婚活市場がじわじわと盛り上がりを見せている。

コロナ禍で将来の不安を感じ、結婚や再婚を真剣に考えるシニアが多いと婚活の専門家は語る。

今注目の“シニア婚活”。

コロナ禍でも盛況だという婚活パーティーの実態や婚活の事情、実体験をリサーチした。

◆「シニア婚活」ブーム「8割が50代以上」 「結婚相談所の会員の多くが50代以上のシニア世代。シニア向けの婚活パーティーはとくに需要が高く、 開催頻度は20年前の4倍に増えているんです。以前は月1回程度でしたが、ここ数年は毎週開催するようになりました」  こう話すのは、シニアの婚活事情に詳しい婚活アドバイザーの立花えりこさんだ。

 立花さんは東京・銀座で創業29年になる老舗の結婚相談所Bゼルムの運営も手掛けているが、その会員数の内訳を教えてもらったところ、 20代…2% 30代…6% 40代…14% 50代…36% 60代…34% 70代以上…8%  なんと、50代以上の人が78%を占めている。

ちなみに男性が4割、女性が6割と女性のほうが多いそうだ。

(中略) ◆シニア婚活の現実とブームの理由3つ  じわじわと市場が拡大しているシニア婚活。

なぜ50代以降の男女が結婚や再婚に目を向けるのか、立花さんは、シニアの婚活ブームの背景には3つの理由が考えられるという。

【1】2008年以降「熟年離婚」に注目が集まった 「2008年に『離婚時の年金分割制度』が施行されました。つまり、夫が支払っていた厚生年金を離婚後に妻は分割してもらうことができるようになりました。  この制度が後押しとなり、離婚を決断するシニア女性が増えたと考えています。 このころから熟年離婚が注目され始め、それにともない“シニア世代の婚活”が活発になったのではないでしょうか」  厚生労働省の人口動態調査によると、2000年以降、緩やかに下降傾向だった離婚件数が、 離婚時の年金分割制度施行後の2019年にグンと跳ね上がり、8000件増加している。

【2】老後の不安や介護の悩みを共有できる相手がほしい 「結婚相談所への入会理由の多くは、男女ともに『気の合うパートナーと老後を過ごしたい』と考える方が多いですね。 女性の場合はとくに『老後の経済的な不安』から入会される方も多くいらっしゃいます」  実際に結婚相談所を活用した人たちの実体験を聞いてみると…。

「現在、親を介護中。親を看取ってから婚活したのでは自分もいくつになっているかわからないので、 今のうちにお相手だけ探したいと結婚相談所に入会しました」(64才女性・介護士/埼玉県)  この女性は母親を介護中の68才男性と結婚したという。

「結婚されて2年経過しますが、お互い介護の現状に理解があるので、通い婚という形で楽しく過ごされているようです」と、立花さん。

 50代60代は親の介護に直面する世代でもある。

ある男性会員は、親の介護が終わったことが婚活のきっかけだったという。

「過去に婚活経験があるのですが、親の介護を終え、再び結婚相談所で婚活を始めました。 以前は親と同居がネックでしたが、身軽になったタイミングも良かったのだと思います」(66才男性/千葉県)  50代・60代のシニア世代で死別経験のある方を対象とした婚活パーティーも主催されているという。

 また、59才のあるシングル女性は、経済的な不安はないが、 「まもなく還暦。この先ずっとひとりで暮らしていくと思ったら、寂しくて夜も眠れないときがある」と、寂しい心情を明かす。

 精神的な支えを求めて婚活を始める人も多いようだ。

(全文はソースにて)