6/5(土) 12:59配信 東スポWeb 古市憲寿氏  社会学者の古市憲寿氏(36)が5日放送のテレビ朝日系「中居正広のニュースな会」に出演し、女子テニスの大坂なおみが告白した「うつ」について見解を述べた。

 番組では、スポーツ選手の精神的なうつについて特集。

テニスやフィギュアスケートなどの個人競技のアスリートはうつ状態に陥る人が多い傾向にあることなどを伝えた。

 古市氏は「世界中から注目されるという重圧って、すごいんでしょうね。メディアからの目線もあるし勝たなきゃいけないというプレッシャーもあるでしょうし。そうした中でメンタルに不調が起こるというのはわかります」とコメントした。

 これに番組MCの中居正広が「古市さんには1ミリも分からないですよね。守るものもないですし」とジョークを飛ばすと古市氏は「いやいや、わかるけど確かに僕自身は経験したことがないので分からないです。世界から注目もされてないですし、確かに守るものもない。背負うものがないって、楽でいいですね」と苦笑いした。