アメリカのブルームバーグ社が行っている「Covidレジリエンス(耐性)ランキング」という企画がある。

これは世界各国で、どの国がコロナ対策に成功しているか、毎月の症例数や死亡率、検査陽性率や ワクチンの接種人口などを指数化してランキングにしているものだ。

4月調査では、日本は世界第7位と健闘していた 。

いや、真面目な話、この国の現状は「さざ波」と呼ぶとさすがに語弊があるが、 世界的に見ればそれほど悪くはない。

なにしろ全世界で300万人以上が死亡しているなかで、1億2500万人もいる国(世界の人口の1%以上!)としては、 現時点の死者数約1万3000人は、少なくとも国民の立場からすれば一定の評価があってもおかしくはない。

ところが5月調査では、いきなり14位に落ちた。

変異種による感染も広がったが、何よりワクチン接種の出遅れが響いている。

逆にアメリカがランクを上げて、日本の1つ上の13位につけている。

人口100万人当たり1782人もの死者を出しているとはいえ、ワクチン接種人口が44.5%もあるのだからたいしたものだ。

これまではニュージーランドや台湾のように、うまくコロナを封じ込めている国が評価されてきた。

しかしその場合、国民の危機意識は薄れるので、ワクチン接種ではどうしても後れを取る。

かつての優等生・台湾もここへきて感染が急拡大し、5月は一気に5位から15位に転落した。

やはりワクチン接種こそが「ゲームチェンジャー」であって、新型コロナ対策の手法が変化しているようだ。