元法務大臣の河井克行被告の裁判が進行する折も折である。

このほど、大阪府堺市長選を巡る公選法違反事件で被告が無罪となった。

裁判で“黒幕”と名指しされたのは、菅内閣で内閣府政務官の任にあたる岡下昌平衆院議員(46)。

なんと、被告となった人物は“身代わり”だったというのだ。

…  さて、岡下氏に一連の経緯を尋ねると、 「そもそも私は選対のトップではないし、私の指示で文書が発送されたなんてことはありません」  当の裁判で被告は「議員が有罪になると公民権停止になるので、議員バッジをつけていない人物が罪を被るのが政治の慣習」と証言している。

 選挙となれば何でもアリで法もルールもそっちのけ。

今の自民党執行部と岡下氏に仁義はありや? 以降ソースにて 堺市長選、公選法違反事件のウラに内閣府政務官、被告が公判を請求した狙い 国内 政治 週刊新潮 2021年6月3日号掲載