化粧品会社ディーエイチシー(DHC)が吉田嘉明会長名でウェブサイトに在日コリアンを差別する内容の文章を掲載していた問題で 、DHCが4日までに、取引先の流通大手イオン(千葉市)に「人権に関わる不適切な内容が掲載されていた非を認め、 発言を撤回する」と伝達したことが分かった。

イオンが公式サイトで明らかにした。

撤回を受け、DHCとの取引を継続するとしている。

 イオンによると、DHCは「ヘイトスピーチ解消法の趣旨を踏まえ、5月31日に文章を削除する」と連絡。

DHCが今後、同様の行為を繰り返さないことも確認した。

 文章は6月1日までに削除された。