「沖縄は唯一、非常に高い水準」 西村大臣が示す危機感と感染拡大の要因 西村康稔経済再生担当相は4日の会見で、沖縄県内の新型コロナウイルスの感染状況について 「全国的に減少傾向が見られる中、唯一、非常に高い水準が続いている」とし、 「厳しい状況の中で最大の危機感を持って対応している」と述べた。

西村氏は、県が県立学校の原則休校や大型商業施設への土日の休業要請などを決めたことを踏まえ、 「人流も少しずつ減っている。さらに減少すれば、効果が出ると期待している」と話した。

また、感染拡大が続くのは「大型連休中、約10万人が沖縄を訪問したとされている。そこは大きな要因だと思う」と説明。

一方で、「親しい仲間で酒を飲み合うといった沖縄の風習、近い仲間同士の接触などで広がった」との見方も示した。