清田育宏外野手(35)に対するロッテの処分が、波紋を呼んでいる。

 清田は昨年9月、遠征先で“不倫外食”をしながら球団に虚偽報告をし、今年1月から無期限謹慎処分を受けていた。

それが解除された直後の5月21日、別の女性との“不倫デート”が発覚。

ロッテは2日後の23日、異例の早さで契約解除を発表したのだ。

ロッテ一筋で12年目の清田は、広角に打ち分ける勝負強い打撃を武器に活躍。

昨季終盤には4番も務めていた。

そんな功労者のクビをなぜあっさり切ったのか。

「球団側は解雇理由であるルールに反する行動、の詳細を問われ『不要不急の外出を複数回行ったこと』と説明。つまり、コロナ禍での部外者との外出だけでクビ、というわけです。とはいえ、それは建前で、不倫騒動の火消しが本音でしょう」(スポーツ紙デスク)  清田は当初、不倫を否定し、労働組合であるプロ野球選手会と相談を重ねていた。

森忠仁事務局長が話す。

「ロッテさんには処分を下すのであればその前に一度話し合いを、とお願いしていましたが、その場を設けてもらえることなく、発表されてしまった。これが前例となり、他の球団も同様に処分、となれば困る。事実確認はきちんとしなければいけないと思っています」 宿舎で合コンしたオリックスの3選手は“厳重注意処分”  プロ野球選手は「統一契約書」を球団と交わしており、そこには契約解除ができる理由として「球団の諸規則に違反したと見做された場合」とある。

今後、球団によって規則の解釈が拡大されたり、処分の程度に差が出る恐れがあるため、選手会も看過できないのだ。

 実際、清田騒動の直後にオリックスの3選手が、遠征先の宿舎に女性3人を招き入れ、合コンしていたことが発覚。

いずれも既婚者で、球団ルール違反の内容も清田と同レベルだったが、厳重注意処分で済んでいる。

「そもそもスキャンダルを問題視するなら、巨人の原辰徳監督や中日の与田剛監督、ロッテの井口資仁監督も過去に不倫を報じられている。彼らも立つ瀬がないでしょう」(前出・デスク)  清田は今後、7月末までに獲得する球団がなければ、独立リーグなどでプレーして、来季のNPB復帰を目指すことになる。

一方、サッカー界でも今年2月、浦和レッズが元日本代表MFの柏木陽介に対し、規律違反となる部外者との外食を理由に退団させているが、「浦和は水面下で移籍先(J3岐阜)を探してあげた上でクビにする“温情措置”を見せた。ロッテに温情はなさそうですし、獲得に手を挙げる球団も聞きませんね」(スポーツ紙記者)。

 実質的に選手生命を絶たれた清田。

その“罪と罰”は釣り合っているのか。